引越し業者 見積もり

引越料金は「基礎運賃+作業費+オプション料金」が基本

いろいろな業者から引っ越し料金の見積もりをもらうと、各社ばらばらの見積り額が提示されてきます。たくさんの業者の見積もりをとるとわかるのですが、見積り額に2倍の開きがあることもあります。引越料金は安くしたいけど、一番安い業者にお願いして大丈夫?

 

見積もりが安ければ良いというわけではない

 

引っ越し料金の内訳はどの業者も基本的に同じです。各社の見積もりの違いを比較すると、それぞれの業者がどのように引越をしようと考えているのかわかってきます。

 

良く考えないでいい加減な見積もりを出しているのか、それとも現地の状況を考えて、現実的な方法を提示した結果ちょっと割高の料金の設定になっているのか、見積もりから見えてきます。

 

見積もりの金額だけ極端に安くても、現地で状況が違ったので割増料金を請求してくるいいかげんな業者を選ばないようにしたいものです。

 

面倒くさくても、見積もり内容をしっかり検討することは、気分が良い引越をするために必要です。

 

見積もり内訳の見方

引越の見積もりで内訳が記載されていない業者は要注意です。信用できる業者ならば、見積もりに内訳がわかるようになっています。

 

引越料金は、どの業者も「基礎運賃+作業費+オプション料金」で構成されています。

 

基礎運賃

基礎運賃の基本は、国がモデル料金を決めているので、どの業者の見積もりも同じような金額になるはずです。

 

基礎運賃は、引越先までも移動距離と移動に必要な時間、そして利用するトラックの大きさで決まります。

 

基礎運賃が違う場合、トラックの大きさが違うことが考えられますが、見積り額が安い業者は小さなトラックを想定しているのかもしれません。他の業者よりも小さいトラックを想定しているのであれば、要注意です。

 

作業費

作業員の人件費、梱包資材費、高速道路料金など、引越に必要な実費です。業者によって見積り額が違います。作業員の人件費も違えば、梱包資材を無料で提供してくれる業者などもあります。

 

安くしたいのであれば、荷物の量を減らすことがポイントになります。引越前に、無駄な荷物を処分することです。粗大ゴミの日に、不要な家具などを引越前に処分しておきましょう。

 

オプション料金

オプション料金は、引越作業以外に必要な費用です。エアコンを取り外したり、取り付けたり、ピアノの運搬、荷造り、荷解き、ハウスクリーニング、不用品の処分など、様々なサービスが業者によって用意されています。

 

当然ですが、いろいろなオプションは便利ですが、引越費用を高くする原因になります。引越費用を安くしたいのであれば、自分でできることは自分ですることです。

 

業者によっては、格安料金で提供したり、交渉次第で無料にしてくれたりするので、引越の見積もりのオプション料金を比較することが、引越費用を安くするポイントの一つです。