引っ越し業者 料金

引っ越し業者の料金

引っ越し業者の料金は、運賃と実費、そして付帯サービス料によって構成されています。この中で、運賃は国が法律で基準を決めています。

 

引越費用の運賃は、運搬する荷物の量・距離、引越にかかる時間によって基準運賃が決まります。さらに、引っ越す時期や曜日、時間によって割増料金が加えられます。割増料金の割合も、基準運賃に対する割合の範囲が決められているため、業者によって見積もる額に大きな違いはありません。

 

でも、実際には引越の費用の見積もりは、50%も開きが出ることがあるのです。

 

なぜかと言うと、荷物の量をどれくらいで見積もるのか、それによってトラックの大きさも違う場合があります。トラックの大きさが変われば、運賃も変わります。

 

さらに、作業員の人数も違う場合がありますし、作業員の人件費単価も業者によって違います。これらは実費と言う形で請求されるのですが、実費については国は基準を決めていません。

 

また、選ぶオプションによっても業者ごとに料金が違います。エアコンの取り付けや取り外し、荷造り、荷解き、部屋の掃除など、やってもらったら便利なサービスがたくさんあります。運賃に含まれないこれらのオプションサービスは、付帯サービスとして引越費用に加算されますが、この料金が業者によって大きく違います。

 

引っ越し業者の料金の運賃は確かに国が法律で基準を決めていますが、基準に決められていない費用もあるため、実際に業者にもつもりをお願いすると、料金に大きな差が出来るのです。

 

仕事が欲しい業者は、オプションをサービスにしてくれたりするので、引越の見積もりは、たくさんの業者にお願いして、一番条件が良い業者を選ぶようにすると、結構安くなる場合があります。