引越し業者 見積もり

トラックの台数が増えたら理由をチェック

引越費用はトラックの大きさと距離・時間によって基本的な運賃が決まります。これに夜間割り増しや繁忙期の割り増しなどが加算されるわけです。

 

当然、大きなトラックで引っ越しをすれば費用も高くなります。

 

ところが、小さなトラックを2台必要だと見積もってくる場合があります。小さいトラックの方が安いとはいえ、当然、トラックの台数が1台よりも2台の方が料金が高くなります。

 

このような場合が発生するのは、家がある場所が細い路地を通らなければいけないため、小さなトラックにしないと引っ越しできない場合があります。これは仕方が無いことですから、2台分の見積もりを提示されても仕方がありません。

 

でも、大型のトラックが当日確保できなくて、小型のトラック2台にする場合、これは業者の都合ですから1台分の費用として見積もりを作り直してもらうように交渉すべきです。

 

運賃は国土交通省が基準を定めているため、どの業者もほぼ同じような費用を見積もりに記載してきますが、トラックを2台に分けて費用を請求してはいけないとは書いていません。基準どおりに2台分を請求されれば割高になりますが、この場合でも基準に準じた見積もりになります。

 

見積もりの内訳はちっかりチェックしたいものです。