引越し業者 見積もり

引っ越しの見積もりの明細はある?

引っ越し業者を選ぶとき、複数の業者から見積もりをもらって比較することで、安い業者を探すことができます。

 

でも、安ければ良いというわけではありません。

 

安くても、信用できない業者にお願いしたくはないですよね。

 

では、信用できない業者はどのように見分けたらよいのでしょうか?

 

提出された見積もりをまずはチェックしてみましょう。

 

見積もりの明細があいまいな業者はやはり信用することはできません。

 

見積もりの明細が「運賃」と「実費」、そして「付帯サービス料」の3つに分けて記載されていない場合はちょっと注意したほうが良いかもしれません。

 

見積もりを出さなかったり、手書きで引っ越しの総額だけを提示する業者も注意したほうが良いでしょう。

 

さらに、運賃の中身として、基本料金や割増料金、車両留置料が明記されていれば良いでしょう。実費は人件費と梱包資材、特殊機械使用料、付帯サービス費は、オプションの項目別の料金が記載されていれば安心です。

 

気をつけなければいけないポイントは、国土交通省の標準引っ越し運送約款で禁止されている内金や手付金を要求する業者です。

 

また、即決なら値引きしますよと強引に契約を迫る業者も注意が必要です。

 

大手の引っ越し業者でも、結構強引な営業マンがいるので、必ずしも強引な営業マンがいる業者は信用できないとはいえませんが、押しの強さに負けることなく、複数の業者を冷静に比較して安心して任せることができる業者を選びたいものです。