引越し業者 見積もり

引っ越し業者の見積もりは一括してとれば簡単!

引っ越し業者の見積もりを取るのは面倒だと思っていませんか?

 

引っ越しをするのは決まったけど、引越し業者をどこにすればよいのか迷いますよね。引っ越しの料金は高いので、少しでも安い業者にお願いしたいと思いますが、そのためには、複数の業者から見積もりをもらって比較しなければいけません。

 

たくさんの業者に連絡をして、引っ越し内容を説明して、見積もりをしてもらうのはとても大変だし、時間もかかります。引っ越し料金は安くしたいけど、そんな面倒なことはしたくはない

 

だったら、複数の業者に、一括で見積もりを無料でもらえるサービスを利用すれば良いのです。

 

⇒ 簡単な入力で引越しの見積りが最大10社から届きます!!

引っ越し料金

引っ越しの料金は、運賃に実費、そしてオプション料が加わります。運賃は法律で基準が決められているので、業者によって運賃が大きく違うことはありません。

 

でも運賃はいつでも同じとは限りません。運賃は基本料金に加えて、休日や深夜に引っ越す場合は割増料金が加算されるし、梱包作業が遅れて車両を長時間待たせる場合は車両留置料が加算されるので、注意しましょう。

 

基本料金の決め方

基本料金は、引っ越し荷物を運ぶ距離と、引っ越しにかかる時間、荷物の量に応じて基準になる料金が、国によって決められています。この基準料金の上下10%以内に基本料金は決められます。だから、業者によって、基本料金が大きく違うことはあまりありません。

 

割増料金がかかることもある

休日や深夜に引っ越しをすると、基準運賃の20から30%増しになります。割増料金が適用されるのです。だから、引っ越しは平日の昼間にするようにしましょう。

 

トラックや待たせたら損

利用者の都合で、トラックを待たせる場合は車両留置料がさらに加算されます。だから、引っ越し料金を安くしたいのであれば、引っ越しの準備をきちんとしておき、トラックを待たせる時間を少なくするようにしましょう。

 

実費は業者によって差が出やすい

運賃以外に、作業員の人件費や梱包資材の材料費、特殊な機器の使用料、高速代などの実費が必要になります。これらの実費には、基準になる料金が決められていないため、業者によっては大きく値段に差が出ます。

 

段ボールやガムテープなどは無料でサービスしてくれる業者も多いです。業者の見積もりをもらったら、実費としてどれがどれくらい計上されているのかをちっかりチェックしておきましょう。場合によっては値下げ交渉の材料にもなります。

 

オプションは便利だけど・・・

運賃と実費以外にも、引っ越し料金にはオプション料金が加算されることがあります。クーラーの取り外しと取り付け、テレビのアンテナの取り外しや取り付け、車両の陸送、ピアノの輸送、荷物預かりなど、いろいろなオプションサービスが用意されています。

 

引っ越しを楽にするためには、オプションをいろいろお願いするのが便利ですが、引っ越しの料金を考えると、自分でできるとことは、自分でしたいものですね。

 

このオプション料金も、国が基準を決めているわけではなく、業者が独自に価格を設定するので、複数業者の見積もりをもらうと、このオプション料金で結構差がついたりします。